透明封筒とは

透明封筒は別名ビニール封筒やフィルム封筒などとも言われていますが、業界ではOPP封筒やCPP封筒と呼ばれていて、今では透明封筒を使用する個人や企業がかなり多くなってきていると言われています。
なぜ透明封筒をOPPやCPPと呼ぶのか疑問に思う人もいると思いますが、OPPという言葉は、英語のOriented Polypropyleneを略したもので、日本語の正式名称は2軸延伸ポリプロピレンとなります。
これはポリプロピレンを縦と横の方向に延伸して、透明なフィルム状にしたもので、そのフィルム自体は延伸してあるため強度が高くて引っ張ってもほとんど伸びることはありませんが、封筒にするために袋をつなげているフチの部分は裂け易くなっているのが特徴となります。

それに対して、より引っ張り強度があって、引っ張れば伸びるようになっている透明の封筒はCPP封筒です。
CPPという言葉も英語のCast Polypropyleneを略したもので、日本語では無延伸ポリプロピレンと言います。
CPP封筒は強度が高いだけでなく、フチの部分もOPP封筒よりも裂けにくくなっていて、OPP封筒の場合はそれに触れればパリパリとした手触りとなっていますが、CPP封筒の場合は滑らかな手触りとなっているのが大きな違いとなります。
またOPP封筒は透明度に優れていて、同じくCPP封筒も透明度は高くなっていますが、この2つを比べると、OPP封筒の方が透明度は高くなっています。
しかしこの違いに気付くことができるのは専門家だけだとも言われているので、透明度に関してはそれほど比較する材料に挙げなくてもいいでしょう。

OPP封筒もCPP封筒も同じ透明な封筒ということで若干の違いはありますが、中に入れるものによってはどちらを選んでも問題ないものも多いのですが、入れるものによってはきちんと使い分けた方がいい場合もあるので注意しましょう。
OPP封筒はパリパリとしていて引っ張ることができないため、その中に厚みのあるカタログや冊子を入れるとフチから裂けてくる可能性もあるので、そこはCPP封筒の特徴を活かして使用することで、フチが裂ける心配も少ないし、万一封筒は引っ張られても伸縮性があるので、中身をより保護しながらお客さんに届けられる可能性が高くなります。
反対に絶対に封筒を伸ばしたくないという場合はOPP封筒を利用するようにして、それぞれの利点を十分に活かした使い方をすることをおすすめします。